誰もがかかる可能性のある「うつ病」、どうしたら治る?


まずは病院を受診しよう

自分がうつ病かも?と感じたら、まずは心療内科を受診しましょう。そして実際自分がうつ病なのか、または別の病気なのか診てもらいましょう。話をよく聞いてくれて信頼のできそうな先生ならば、あなたとの相性がいいということです。心の病の場合、先生との相性は大切です。根気強く自分に合う病院やクリニックを探しましょう。

漢方薬という方法もある

病院の薬が合わなかったという人もいるでしょう。眠気や倦怠感などの副作用のためです。自分が本当に治っていっているのか、逆に悪くなっていっているのではないかと疑問を抱く人もいます。そんな時は目先を変えて、病院でなく漢方薬局で漢方薬を処方してもらうという選択肢もあります。漢方は、その人その人の体質に合った漢方薬を処方してくれ、副作用も西洋の薬に比べると軽いものです。そして、漢方は心の病の治療を得意分野としています。

手を動かす作業や掃除をしてみよう

手を動かす作業も効果的です。部屋に掃除機をかける、編み物をする、植木の手入れをする等です。両手を動かす作業が、心の病の改善に効果がある事がわかっています。何もしないで落ち込んでいる時には、とりあえず何か好きな作業を始めてみてください。初めは乗り気でなかった気持ちが、徐々にほぐれていくことでしょう。

また風水では、身の回りの整理をすることや掃除をすることが心の病に効果的であると言います。実際、うつ病の人の部屋の中は物であふれていることが多いそうです。部屋の掃除をして、ため込んだものを処分しましょう。いつしか心が軽くなっているかもしれませんよ。

TMSはうつ病や脳卒中のリハビリなどに用いられる治療法です。磁気刺激で脳の血流を活性化させ、脳の機能を回復させることを目的にしています。

Related Posts