CADは何をするもの?どのような分野で使われているの?


CADでいったい何ができるの?

みなさんCADをご存知ですか。実際に仕事で使っている人、名前は聞いたことがあるけれど何のことかわからない人など、様々でしょう。CADは「Computer Aided Design」の略で、簡単に説明するとコンピューターで設計や製図ができるソフトウェアやシステムのことです。CADには2次元、3次元、専用、汎用など多くの種類があり、現在は建築、インテリア、機械、家電、アパレルなど幅広い分野で使われています。コンピューターで製図を描くなんてなんだか難しそうに聞こえますが、必要な操作をある程度の時間をかけて覚えれば習得でき、作業の効率アップにもつながります。

CAD導入のメリットは?

では、CADで製図をすると、どのようなメリットがあるでしょうか。以前は製図といえば手描きをするのがあたりまえでした。手描きで製図をするとなると、ある程度の訓練が必要で、最初は均一な線を一本引くだけでも難しいものです。その点、CADはそういった基本的な訓練は必要なく、操作方法を覚えさえすれば誰でも簡単に均一な線を引くことができるため、習得までの時間やコストを削減することができます。また、コンピューター上でデータを管理するため、図面のように場所をとることはありません。他にも多くのメリットがあるCADですが、導入をする際には、目的にあったソフトウェアを選ぶことが大切です。建築図面向け、機械図面向けなどそれぞれの分野に適したソフトウェアがあり、導入する分野に最適なソフトウェアを選ぶことで、作業スピードが上がり、業績アップも間違いないでしょう。

水道CADは、パイプや排水管、蛇口などの水回りのパーツを立体的に把握でき、日々の業務効率を高められるツールとして全国の工務店や設計事務所を中心に導入が進んでいます。

Related Posts