仕上げを簡単にしてくれる金属加工の一つである酸洗いの魅力と留意点はこれ!


酸洗いの基本知識について

酸洗いとは、酸性の液体をつかって金属の表面処理を行います。酸性の液体は金属を溶かすという性質を使います。酸性の液体に金属をつけるだけのシンプルな加工で、最後に水洗いで仕上げるのです。表面の粗さをよくしたり、機械加工後に発生するバリの除去を行います。防錆効果をもたらすことも特徴ですよ。長所は、大型の製品やパイプや複雑な形状など人や機械で仕上げができないところでも液体が侵入して加工してくれる点です。短所は危険な薬品を使うので衛生管理を徹底するなど手間がかかる点です。

酸性液体の管理についての注意点

酸性の液体は人と環境に有害です。人については臭いがきついため気分を害してしまいます。さらに皮膚に付着するとやけどのような症状を引き起こすのです。これを防止するためには換気設備やマスクの着用が重要です。さらに、酸性にも強い手袋や専用の着衣など保護具を使って作業することを徹底することも必要となります。環境では、河川や排水管に流れてしまうと水質汚染になりますし、地面に流れると土壌汚染になります。流れても対処できるように酸洗い設備の下に受け皿を設けるなどの工夫が必要です。さらには、古い酸性の液体は自治体のルールに従って処分することが重要となります。

品質管理の注意点について

酸性の液体が金属を溶かすのは数ミクロンです。前工程の状態を管理しなければ仕上げの効果を得ることができません。バリの大きさや表面粗さを決めてそれに応じた酸性の液体の種類や処理時間を決定するのです。

金属の表面を洗浄する事に欠かせない酸洗いですが、塩酸などの酸類を使用するので、安全対策を徹底する必要があります。また、使用する酸の種類、濃度などによって金属の仕上がりが変わってくるので注意が必要です。

Related Posts